« 白いチュニック | トップページ | 2008「ままはん」ワースト5 »

2008年12月26日 (金)

危険物という意識

今まで家庭で裁縫しているときには、たいして意識していなかったです。
裁縫道具は危険物だという認識。
Cocolog_oekaki_2008_12_26_11_16

私が、見習い中の職場では、
出勤時・昼・退社時の3回、危険物を点検することがルールになっています。
その危険物とは、
縫い針、待ち針、裁ちばさみ、糸切りバサミ、目打ち、・・・などなど
私が毎日なにげなく使用していた道具類です。
それらが、危険物扱いになっているんです。

それらは、きちんと管理されていて、
縫い針を使うときには、「針を使います」と了解をもらって、
その場所から持ってきて、
使用後はすぐもとの場所へ返します。
ミシン針も同様で、針がもし折れたときは、
その破片を見つかるまで探さなくてはいけません。
針1本がなくなるということは、あってはならない大事件なんです

考えれば、そうですよね。
万が一、そんな危ないものが、お預かりした衣類に混入したりでもしたら、
たいへんなことになりますからね。

こんな基本的なことから、今は意識改革しているところです。
家庭でやってた時は、針山に針が埋まるということがよくありましたが、
それはとんでもない気の緩みだということに、ここではなるんです。
緊張します


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜


みなさん、前回の記事では、あたたかい励ましのコメントをありがとうございました o(_ _)o。
見習いとして、職場のみなさんに迷惑をかけながら、修行しています

|

« 白いチュニック | トップページ | 2008「ままはん」ワースト5 »

コメント

そうですねー。家庭洋裁では慣れっこになってることがたくさんありますね。
昔はきっちり待ち針をもどすと丸く収まるものを使ってたので、一本の待ち針もなくすこともなかったのですが、今では、くうさんの言われるように、短い針が針山に埋もれてしまってることもあります。折れたときは絶対かけらをさがしていますが、仕事となるとまた大変ですね。検針済みっていう表示をよくみますもんね。
私も委託販売をするようになってからは、針には気をつけています。まがりなりにも人様のところにわたるのですから、針が折れたりした場合は、かけらが見つかっていても、売り物にはしません。もっともっとちっちゃいものが布の中に残ってたりすると怖いので。
なにげなく机においてる裁ちばさみも刺さると死ぬと思うので、保管には気をつけます。
なんだか凶器の中でのお仕事みたいですね^^;
ミシンもよそ見したら指縫うし。(昔従姉妹がちっちゃい時に足ふみミシンで爪を貫通しました)工業用はパワーもあるので、お客様もだけど、自分自身を守るためにも気をつけてください。
心新たに裁縫のプロになるべくお仕事するくうさんの話をきいて、気持ちが引き締まります。
私もパタンナーの学校へ行きたくなりましたよ(昨夜じーっとみてました、まだ夜子どもを置いてはいけないのでまだまだ先の夢ですが)

今日はちょっと裁縫箱の中を片付けます^^

投稿: ちょろ | 2008年12月26日 (金) 17時28分

ちょろさんへ
今までの私の記事とちょっとちがいますよね?
そのくらいの刺激を受けてます。

私のソーイングケースなんて見せられませんよ。
子どもがいるので、洋裁をする時はいろんな道具が危ないと考え、
ある程度は注意はしていましたが、
これほどの緊張感は持っていませんでしたね。
ピンクッションから針が抜けて、何本もケースのなかに落っこちていますよ。
針の本数が少なくなったと思ったら、何本も埋もれていたりして・・・
笑い事では、すまされませんね。
私の裁縫箱のなかも整理しとかないと!
ピンクッションに刺しておく針数を減らそうと思います。

工業用のミシンのスピードは速いですね。ガです。
家庭用ミシンの感覚は忘れるようにと言われました。

投稿: くう | 2008年12月26日 (金) 20時14分

身の引き締まるような お話です!
教室をしていた時には 生徒さんに くれぐれも
はさみを 閉じておくよう厳しく言ってたら その 生徒さんは 速攻止めていきましたwwww
知り合いだったのですが その甘えはなくさないと
危険ですね!
確かに 針は 危険です!これも 気をつけないとね!ピンクッションの底に革を貼り付けておけば 大丈夫なので そういうふうにしてますよ ちょっとのことで 防げるものもあるってことで・・・

たぶん 今の わたしの部屋はかなりやばいです!
ちっちゃい子でも いれば もう少し 片付けているだろうけど・・今は やりたい放題?で 凄いことになってます!でも これから 気をつけます^^;

くうさんの職場の事やら 仕事の事を UPしてもらえれば 勉強になりますが・・・!

投稿: needlekei | 2008年12月26日 (金) 21時07分

needlekeiさんへ
keiさんは、ほんまもんのお師匠さんだったのですね!
あれだけやれるのは、相当の知識と経験がないとできません。

業界では常識のことが、素人の私はわからなくて、
職場の皆さんに冷や汗かかせています
ほんとに情けないです。
もっとしっかり勉強しておけばよかったです。
ミシンは、とにかく慣れないことには上手にならないので、
練習、練習、練習するしかなさそうです。

ここで、いろいろ教えてもらって、
一から、きちんとした技術を身に付け直しますね。

kei先生、これからもいろいろご指導お願い致します o(_ _)o

投稿: くう | 2008年12月27日 (土) 09時46分

そうですよね。針やハサミ、目打ち…危ない物だらけですよね。
大掃除誰の目にもつかないからしないでおこうかと思いましたが、やる事にします
私もそろそろ命の洗濯は終わりにして働こうかな…

投稿: yuka | 2008年12月27日 (土) 10時29分

おはようさんです
いえいえ私などはくうさんとは比べられないほどひどいものやったんよ・・・
私も今もマチ針と縫い針の本数はいつも最後に確認をする癖が付いています。
針が落ちても音がするように今度の家も私の部屋の一部は針仕事が出来るようにフローリングにしてもらったんです
毎日くうさんも以前経験があるとはいえ緊張されていることと思います。
お疲れが出ませんように
そしてくれぐれも怪我の無いようにお仕事頑張って下さいね~

投稿: じの | 2008年12月27日 (土) 10時50分

yukaさんへ
毎日、何気なく使っていた道具が、
その使い方を誤ると、
危険にさらされるものばかりですね。
慣れてくると、ついその気持ちが薄れがちになります。
家で洋裁をやるときも、これからはもっと気をつけようと思ってます。
yukaさんも、職場復帰をする予定なんですか?
の洗濯が充分にできたんですね。
よかったですね~。


じのさんへ
じのさんは、きちんと危険物の管理をなさっているんですね。
ご立派です。経験が実になってますね。
私は、今まで本数を数えたことは、ありませんでした。
でも、これからは家でもきちんとやるよう改めます。
食の安全性が問われていますが、
どこの業界、家庭でも、
やっぱり安全性は第一に優先されるべきことなんですね。
基本中の基本を肝に銘じておきます。

以前の仕事は全くの異業種ですし、その職場経験も大昔のことで、
年だけくった新人です。
今は見習い中で、勤務日を少なくしてもらってます。
なまった体を気力でカバーしながら、がんばりますね

投稿: くう | 2008年12月27日 (土) 17時26分

就職おめでとうございます(*゚▽゚)ノ
やはり、趣味と仕事とは大違いな訳ですね。
意識から変えていかないといけないとは・・・
確かに洋裁道具って危険物なのかもしれませんねぇ
そう思うと、扱う時ちょっと緊張しちゃいそう
でもまぁ、くうさんにとっては大事な仕事道具にもなる訳ですよね
プロの技術を習得して、ブログでバン×バン講習してくださいませ。

投稿: エミリ | 2008年12月27日 (土) 22時53分

エミリさんへ
ありがとうございます。
まだ2日しか行ってません。
この先長続きできるようがんばりますね。
プロの技術をひとつでも、習得できるようになるといいんですけど。
最低レベルの今からだと、すごく時間がかかりそうで、
何年先になるかわかりません。
ブログでは、講習どころか、泣き言はいると思います~

投稿: くう | 2008年12月28日 (日) 08時40分

アパレルで仕事していた時、工場では針の管理は大変なものでした。
毎日終業時には数を数え、なくなれば出てくるまで探す。
なくなったらグループで連帯責任です。もちろん給料削減。
もし売り場で針が見つかったら、何百万というペナルティをもらいます。
私は工場勤務ではないのでそんなに管理はしっかりやっていませんでしたが
指示書に書いたり、時々指導に行ったりしていました。
危険物だという認識は大切だと思います。
まぁ、最初は大変だと思いますが、慣れてくれば習慣でできる事だと思うので
難しく考えずにどんどん行動あるのみです
私もつたない英語で頑張っています
最初は誰でも新人です!できなくてあたりまえなんです!
そう思って頑張ってくださいね!!
きっとすぐに、今の事を笑っちゃう日がきますよ~

投稿: heart | 2008年12月29日 (月) 15時23分

heartさんへ
危険物の管理は、この業界では当たり前で、どこも厳しくやっているんですね。
それほど重要なことなんですね。
>売り場で針が見つかったら、何百万というペナルティ !!(゚ロ゚屮)屮 
お客さまの信用をなくしたら、それこそ終り。信用第1!
身の引き締まる思いです。

出来なくって当たり前と思いたいんですが、
自分が情けなくなるときばかりです。
失敗を恐れないで、どんどんやるしかないですね。
heartさんも英語がんばっているんですね?
私も、新人のときの気持ちに戻って、
いろいろ吸収していきたいです。
知らないことばかりで、毎日勉強になっています。
笑える日は、まだまだずっ~と先のことのように思えます。。。

投稿: くう | 2008年12月29日 (月) 17時40分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 危険物という意識:

« 白いチュニック | トップページ | 2008「ままはん」ワースト5 »