« 部活エプロン&帽子 | トップページ | テトラポーチ »

2014年8月23日 (土)

ニットプルオーバー

少なからず、この暑さsunがやる気を殺いでいる!

子供たちより1週間はやく、私の「夏休み」が終わってしまいました。
毎日お休みだと、明日があると思って、
かえって何にもしないまま1日が流れてしまって・・・・。
子供たちのことは言えませんcoldsweats01。同類になってました。

さて、秋物2号作りましたhairsalon


_p1130494001
                         bookソーイングポシェ 2013 spring 参考

Aラインでゆったりしたプルオーバーです。ニットなので、着心地良く楽ちん。
シンプルな型にnewなフォルムの袖が目を惹きます。
袖丈が、ひじにむかって(肘の後ろ側)長くなってて、
袖口にギャザーをぎゅっと寄せてしぼっています。7部袖くらい。
襟ぐりは見返し処理で、すっきりしています。

           生地は↓

P1130501001

黒地にグレーのボーダー。綿天竺(日暮里MOMO)。
このダークトーンにしたのは、そろそろ秋ですよ~bellの表現。
秋風を感じたときに着たいと思っています。




゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。



ところで、夏休みが終わりになったのは、
職場に、秋物が船便で続々入荷される予定で、忙しくなってきたからです。
8月からは秋物、10月からは冬物・・・と言うように季節が先行します。
洋服のリフォームというと、皆さんはサイズ直しやリメイクだと思うでしょう?
でも、今はそれだけではないんですよ。
新しい分野のお直しニーズが、アパレル業界に発生してきているんです。

今は、既成服のほとんどが外国製で、縫製は外国で行われていますが、
その縫製レベルが、日本の基準にあっているかpass?ということなんです。
ブランド品の場合は、それらを店頭に出す前に、
日本基準にあっているかどうか検品します。
かなり厳しくチェックし、その結果、縫製のお直しngがでる場合がある。
そこなんですよ。

昨年異動になった工房Aは、そんなB品(アウトレット行き)になりそうな洋服downを、
A品に直すup仕事をメインでやっている所なんです。
女優さんでなくては着れないようなドレスもたくさんきて、目の保養になります。

細かいことは差しさわりがあるので、お話できませんsecretが、
いろんなケースのお直しが持ち込まれてきます。
通常は1点ごとのお直しになりますが、時には大量(全部)の時もあったりして。
それが、プロにあるまじき、思わず呆れて笑ってしまうようなお直しだったり、
手が痛くなるような超ヘビィなお直しだったり・・・
ありとあらゆる、いろんな縫製ミスの山!

明日は、何がくるのかなぁ?何をやらかしたんだろう?
この職場の人たちは「どんな変なお直しがきても、もう驚かない」と言っています。






|

« 部活エプロン&帽子 | トップページ | テトラポーチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192466/60196357

この記事へのトラックバック一覧です: ニットプルオーバー:

« 部活エプロン&帽子 | トップページ | テトラポーチ »