« カモフラ柄チュニック | トップページ | 袖なし割烹着 »

2014年12月 7日 (日)

2WAYのエプロンドレス

年末年始のいろんな行事xmasのなかでの、お・も・て・な・しwine
そんな機会も多くなる時季です。
そんな場に、黄色いシミのついたエプロンで顔出せますかって?


P1150416001                   book 「手作りしたいかわいいエプロン」ブティック社 参考



そういう時は、準備がおわった段階で、エプロンを着替える。
そして、きれいな「おしゃれ」エプロンドレスでお客様をお迎えする。
ゆったりシルエットの2WAYエプロンドレスを作りましたhairsalon
ウエスト切り替えで、カシュクールタイプ。
下スカート部分はウエストから下約15㎝重ねて縫い付けてあるだけで、
下は開いています。
おとなの主婦の接待エプロンという位置づけ。


P1150421002

前後どちらでも、気分にあわせて変えられる。
もう一方は、Uネックになっています。
ウエスト両サイドに共布でループをつけ、りぼん結びに。


P1150325001
おっeye、これなかなかいい耳してる
   →
こんなところに織柄が
きれいに入っているんです。
リボンの長さは2m。
生地も2mあったので、
その耳部分をカット、三つ折りにして、
リボンとして使いました。


        生地は↓

P1150316001

白地にオレンジ&茶色の大きな花柄プリント。
Royal Rich」のストレッチ入り綿サテン(日暮里TOMATO)。
名前からして、ドレスっぽい。控えめの光沢もドレス感あり。

それが・・・・・やっちまったんだなぁ~染めむらdown
白地が多く見える部分は、本来あるべき染料がのっていません。
かわいそうに、それでB級品に格下げされてしまった生地なんです。
でも私にとってはラッキーup 白地が多い方が好み。
全部がこの柄で埋まるより、白地部分が入った方が花が活きるような気がする。

前スカート部分にその箇所を意図的に配しました。
一番汚れそうな腹回りには、茶色&黄土色をまわすことができてます。


今回は、久々に満足度高いです。
製作費なんと216円sign03。そこかいsign02
それに、この柄は貴重な1点ものだものねhappy02




ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

|

« カモフラ柄チュニック | トップページ | 袖なし割烹着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192466/60774308

この記事へのトラックバック一覧です: 2WAYのエプロンドレス:

« カモフラ柄チュニック | トップページ | 袖なし割烹着 »