« 新年のごあいさつ | トップページ | 贅沢なバッグ »

2015年1月 5日 (月)

オートクチュールのトワル

エスプリ ディオール展」が昨日で終わってしまいました。
銀座の一等地のビルを借りきって、入場料無料。
入り口にはドアマン、各コーナーに黒服の監視員を多数配置。
それで、あれほどの展示会を開催できるなんて流石ですよね。

その展示はどれも目を見張るものばかりだったのですが、
なかでも、洋裁経験者が惹かれるのは、↓これではないでしょうか。


P1150735002


オートクチュール、ディオールのアトリエからやってきたトワル達。


P1150711002


受け取ったデザイン画をアトリエでトワルにする。
ディオール曰く「それは、あたかも象形文字を解読していくかのように」

P1150716001


P1150713003


P1150717001


フランス的なメゾンの絶妙な技。
仮縫いは最低3回以上だそうです。


この過程を経て、これら↓芸術的なドレスが生み出される。

P1150686003

P1150767003

P1150772003



これが本物のトワルというもんなんですねぇconfident
いやぁ、一回もトワルなんぞ作ったことはなく、
ぶっつけ本番で、ゆるゆるの服ばかり作ってるので、
へへい~~と頭を下げたくなりましたcoldsweats01

同じ洋裁の世界でもいろいろな分野がありますからね。
年頭にあたり、志を高く上を見てみる。
そしてそれから、いつものふもとに降りて、
自分の好きなように、今年も「ままはん」続けていくつもりです。
トワルは作る気ないんですが、作りたいものは次から次へと出てくるので、
時間&体力と戦いながら、布遊びをしたいです。

こんな自己中のブログですが、今年もまた遊びに来てくださいね!
よろしくお願いいたしますm(_ _)m。



ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

|

« 新年のごあいさつ | トップページ | 贅沢なバッグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192466/60926626

この記事へのトラックバック一覧です: オートクチュールのトワル:

« 新年のごあいさつ | トップページ | 贅沢なバッグ »