« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月30日 (土)

ファスナー付きトートバッグ

いつも通る裏道に変えて、表通りを通って帰宅してみる。
こちらの道沿いには、ポケモンストップが2か所あるから、
この通勤バッグ↓と一緒に公園で道草したりして。



P1210320001_4

                          bookコットンフレンド2016夏号参考



弁当&水筒持参の通勤にちょうどいいトートバッグを作りました。
サイズは、横44㎝、縦25㎝、マチ13㎝。
中央に仕切りステッチをかけた前ポケット、ファスナー付きの口布つき。
持ち手は市販のもので、肩掛けできるように長め(52㎝)にしました。
このポケットに、イヤホンつきスマホとパスモを挿入させてます。




材料は↓

P1210286001


黒のビンテージ加工8号帆布にメタリックのビッグファスナーがアクセント。
このファスナーは切り売りでスライダーも別売り(YKK)。
このトートバッグの主張はここです。
このごついファスナーを使いたいという好奇心からスタートしてる。

P1210326001_2


本体のサイドより長めに、わざとはみ出してつけています。
本では、ビニコで作ってたので、裏地なし、布端処理なしでしたが、
これには、裏布(写真右上)とポケットつけて、布端はパイピング処理しました。



P1210322002_3


梅雨開けした途端、真夏の日差しがじりじりと照りつけてきた。
もう8月ですね。


ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月23日 (土)

ドルマンブラウスが・・・

「とと姉ちゃん」で直線縫いのワンピースがヒットしていたのを見て、
誰もが簡単に早く楽に作れる服って、今の私向きだなとも思える。
忙しい時間の合間に作るんだから、じっくり時間をかけていられない。

P1210231001                           book「大人の日常服」中野ユカリ著参考



前後の身ごろを縫い合わせるだけで作れるブラウス。
ドルマンスリーブで、袖口と裾の両サイドにゴムを入れています。
ネックラインは、丸カーブとゆるいVネックで、前後逆でも着れます。
ふんわりしたシルエットで、ガウチョパンツやスカンツ、ワイドパンツにあいます。


生地は↓

P1210222001


ネイビーの細かいギンガムチェック。普通の布のようでこれが曲者。
綿だけじゃない。ゴムが織りこまれている!
それは承知の上で購入し、これを作っています。
しかしそれは予想以上だった。



もう、ここから先は見ないで、スルーしてください。どうかお願いします。





洗うとこうなった↓。


P1210233001


縮むことを予想して、LLサイズで作っておいた。
そのくらいの余裕で大丈夫だろう、
シャーリング生地でシンプルなデザインに味がでるだろうnoteって。浅はか~down




で、こうなってしまった↓。

P1210238001


あれが、こうなっちゃうんだから。
ここまで変形するとは! なんだよangry  泣きたいcrying
幅はまだしも、丈は短すぎ。ゴムを入れた意味なし。


はぁ、どうする。やだよ~~~~!
でも、無駄にはしない、この失敗を。


さぁ、立ち直ってup、こう切りかえそうじゃないか↓


P1210251002



P1210263001
165㎝幅の輪ニット(綿天竺)→
これを80㎝の長さにカットし、
ウエストゴムを外して、
問題作の下にドッキング。
ハイウエスト切り替えの異素材ロングワンピースにでっち上げた。





ワンマイルウェアってとこかな。最悪、寝間着に落ちてもいい。
近くの公園やコンビニくらいまでは、着ていけるでしょう。

散歩したくなってくる。公園には、ポケモンがいるんです。
昨日、近くの並木公園で3匹捕まえた。その先の北丘公園にもいるらしい。
涼しくなったらこれを着て、人目をさけつつ、ハントしてこようかな。
私も、ポケモンGOのトレーナーになった。coldsweats01



ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年7月19日 (火)

旅行用トートバッグ

一夜の夢のような熱いライブが終わった翌朝、
私は手作りバッグ↓と一緒に、新幹線の中で余韻に浸っていた。

「夏休み」と言えば、お泊りでお出かけする機会も多いでしょう。


P1210169001_2
         book「コットンフレンド」2016夏号参考



2泊くらいの旅行荷物にも対応できそうなビッグトートを作りました。
横幅58㎝、縦38㎝、マチ19㎝。
前片側表面にポケットつき。スマホやチケット等を入れられます。

P1210150001


肩掛け用と、太目の持ち手がWでついているので、使い分けできる。
上部にはファスナーつき(50㎝)のおとし蓋つき。
裏布つきで、内ポケット1つ。
太目の持ち手上部は2つ折りにして、ステッチをかけることになってましたが、
この厚さdown8号帆布8枚重ね部分にミシンをかけるのは無理。壊れる。
だから、そのままで使ってみましたが、問題なしでした。



  生地は↓

P1210193001_2


グリーン系玉虫色のナイロン・ポリエステル?のしっかりしたバッグ用生地。
生地にアルファベットが織りこまれているけど、なんて文字かな~?
「えっsign02」 w(゚o゚)w

C H A R L E S   J O U R D A N

一文字くらい異なる文字が挿入されているのではないかと、
念入りに確認しましたが、間違いない。ってどういうこと?
シャルルジョルダンのミストラルに似すぎているけど、本物か?
日暮里の生地屋さんで数年前に発見した生地ですが、
どこのお店だったか、記憶が薄れてしまってる。
無難にそういうことですね。

おばさん世代のショルダーバッグで良く目にする生地ですが、
持ち手と底の切り替え布は、ビンテージ加工された8号帆布で、
売ってるものとはちょっと違いますぜ感を出してみた。
色はあわせている。形は流行りのトートバッグ型に。
こんなへなちょこのシャルルジョルダンはありえないでしょう。




P1210184001



母の様子をみるために、定期的に実家に帰って、
妹弟と一緒に大掃除をしています。
一人暮らしの母は元気ですが・・・・要介護の認定を受けている。
いつも1泊しかできないので、
このくらいの大きさのカジュアルなバッグがちょうどいい。
汚れてもいいような服装になるので、それにもあうでしょう。
次回はお盆に一緒に連れていけるかな。


ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

青いスカート

NHKtv連ドラ「とと姉ちゃん」を毎朝楽しみに観ています。
「花束を君に」の主題歌にのせて流れる映像は、「」が強調されてて、
青色が際立って美しく見える。
とと姉ちゃんの着ているワンピースとスカートもきれいな青色。


P1210037002
                     book「KANA'S STANDARD」佐藤かな著参考


そんな青でスカートを作ってみたhairsalon
こんな色のスカートは1枚も持っていませんが、
こんな色を身に着けてみようかなという気持ちが湧いてきて。

ミモレ丈(67㎝)のギャザースカート。
前ベルトにはギャザーを縫い付けてすっきりさせ、
後ろベルトにはゴムをいれています。
両サイドにシームポケットつき。裾は幅広の三つ折りステッチ。
布幅110㎝目いっぱい使ってますが、本よりは分量すくなめのギャザーです。



生地は↓

P1210022003

後染ジャガード迷彩柄綿100% (日暮里TOMATOセレクト館)。
水色でも紺色でもない「青」、まぎれもない「青」です。
ジャガードなので透けません。
青色+ジャガード+迷彩柄で、私には、このうえない生地を見つけられた!



「とと姉ちゃん」では、青は涙色の花束になっていましたが、
note 涙は君に羽根をもらって キラキラ喜んで 飛んだ踊った note
と、唄われているように、
この青いスカートは、うれしい涙色のスカートのように思えます。









★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜









「K」のバッグを前回作った。
白いブラウスはすでに作成済。
そして、今回のこの「青いスカート」で完成した。

P1210042003



タイトルは「アルエ」。
白いブラウスと青いスカートが似合う女の子が、
20年たつと・・・・・
こんな感じのブラウスと青いスカートになるんじゃない?かな?だよ。って感じ。


明日、へなちょこバンド(B.O.C)のライブに娘と一緒に行く。
へなちょこ手作り服を着てね。
娘に「イタイdown」って言われようが、私はいたくない。
へなちょこだっていいじゃない?
私はこんなにいかれてる、へなちょこ仲間。


明日はきっと涙色になる。




そして、虹色に輝いたすばらしい1日になった。

P1210143001


ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年7月10日 (日)

Kのキューブバッグ

アルファベットの「K」と黒猫cat
ぴ~んときた!あれしか浮かばない。あの「note
それに過剰反応した結果、こういうバッグが生まれた↓



P1200998001_2



20㎝四方のキューブ型ファスナー(25㎝)付きバッグ。
ファスナーは前後面に垂直につけている。底板つき。
生成りの「K」の部分はアレンジで、前後ポケットにした。
かわいい形ですが、見た目よりも容量たっぷり。


book鎌倉スワニースタイルのキューブバッグをベースデザインにして、
INAZUMAのイニシャルバッグキットをドッキングさせました。


P1200956003


上のイニシャルバッグのキットだと、小さめのバッグしか作れないので、
キットのイニシャル部分はポケットにして、持ち手はそのまま使いました。

ベースの生地は、ビンテージ加工された黒の8号帆布(日暮里TOMATO)。
厚めでしっかりしているので、接着芯は使っていません。

かわいらしい形なので、白黒で落ち着かせています。
が、ファスナーを開けると裏腹の色彩が目にとび込む↓

P1200975001

内布は、↑こんなオレンジ、茶色、白の大きな花柄(もちろん残布)。
おばさんらしさと、うちに秘めたメラメラを表現してみた。
そして、ポケットもおまけにつけといた。


とにかく「」のバッグです。
特別に、今回はそういうネーミングにしたい。
イニシャル部分で、わかる人にはわかる「」をアピールしている。
私の名前は「くう」=「K」ですが、そんなのどうでもいい。




黒猫「」に捧げるオタク愛heart01のバッグ。


P1200969001_2


今週末に会えるnotes



ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 6日 (水)

パドカレのプルオーバーブラウス

いつもは普段着ばっかり作ってますが、
外出することもたまにはあるので、それ用の服も、たまには作ってみたりする。



P1210124001 
                           bookスタイルブック2016初夏号参考



パドカレ(pas de calais)デザインのプルオーバーブラウスです。

「1枚でも主役になるチャーミングなデザインで、
エアリーな軽さとスタイリッシュムードを併せ持っている。
今シーズン注目のトランスペアレント。
涼やかでエレガントな装いを楽しめる。」(←本文抜粋)


ノースリーブで襟もとはすっきりスリット開き。
最近この手のタイプを連続して作ってますが、これも前後差をつけたヘムライン。
今年っぽくするには、人気のこのラインですね。
本では、裾と飾り布の端は、裁ち切りのままでということでしたが、
不安なので、裾は巻ロック、端は三つ折りにアレンジしました。

P1210117002




ヨーク切り替えで
ふんわりギャザーを寄せ、
切り替えライン上には、
飾り布をつけています。→







バックスタイルもアクセントになっている↓。


P1210104001


ウエスト下でゴムシャーリングをあしらって、ペプラム風に。
ヨーク下でギャザーを寄せ、
後ろ身ごろ中央は直線ではなく、カーブさせて丸みをつけてる。



P1210054001ところで、ここで、使ったゴムシャーリングには、シャーリングテープを使いました→。
これは3年前に「ソーイングポシェ」の読者プレゼントで当選した、カワグチの商品です。ミシンの下糸をゴム糸にして縫うやり方よりも、これだと楽に綺麗にシャーリングできて、いいですね。今頃になりましたが、使わせていただきました。ありがとうございました。





生地は↓

P1210066001

ややトランスペアレント(シースルー)な生地。
白、黒、紺、ピンク、グレーの手書き風マルチボーダー、
ポリエステルシフォン(日暮里TOMATO)。
淡いピンクがフェミニンな感じをプラスしてる。




゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。




P1210132001これを着て、幼馴染のお友達とお出かけしたのは、
←「ルノワール展」
国立新美術館で8月22日まで開催中。
100点を超える絵画が、オルセー美術館とオランジュリー美術館からやってきた。圧巻です!
本物のルノワールに会えた。




ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 2日 (土)

釦&ヘンプのブレスレット

毎年この時季になると、ビーズのブレスレットを手作りしています。
腕が露わになると、ブレスレットをつけないとさみしく感じられるほど、
アクセサリーのなかでは、常用している。

でも、今回はビーズは使わない。
日暮里にあるアンティーク&輸入釦専門店「L'mus'ee」で、
すてきな釦との出会いがあって、ひらめいたshine
副素材の釦を主役にする、ヘンプと釦のブレスレット↓。



P1200948001_3


クレージュのアンティークぼたん。4~50年くらい前の廃番。
へんぷは、基本のねじり編み。芯はワックスコード使用。




P1200934001

イタリアの貝ぼたん。金属の足つきで、すべて異なる柄です。
へんぷは、平編み。



P1210006001_2
金属の輸入ぼたん。
ねじり編みと三つ編み。
途中で編み方をチェンジして、変化をだしてみる。




P1200912001_2

金属の輸入ぼたんとシルバーと透明混のチェコのファイアポリッシュ。

・鎖編みにビーズを編み込んだもの、
・ビーズのみ、
・レースと金糸2本どりの鎖編み
の3連。





001


釦はすべて「L'mus'ee」のアンティーク&輸入釦です。
このお店の店内には、かわいいボタンが溢れてて、
どれもこれも欲しくなってしまうほど。

ベースは3色セットのHEMP(ヘンプ)100%を使いました。
今更感があるんですが、ヘンプを使うのは今回が初めて。
堅牢染めでやや太目。天然素材なので肌触りがいいですね。

ただ、1本が2mしかないので、糸が足りませんでした。
何も考えずに買って、作り始めた途中で、あれっ?って気づく。
「このセットで1~2本のブレスレットが作れます」だって。
えっ、それしか? 3色だから3本作りたいんですけど・・・・

それでも引き返さず、意地でやりくりして、3本作った!
こういうデザインだと言ってしまえば、そういうことになるから、
これでいいのだ。個人的に問題なし。


こんなトラブル過程も含めて、
素朴で、どことなく昭和くささを宿すブレスレットは、
私らしくもあり、洋裁好きを密かにアピってます。


ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »