« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月27日 (土)

ちりめんのお弁当包み

かわいい和柄や美しい和布を見ると、着物以外で何か作ってみたいなと思う。
それで、ちりめんのハギレ(1m)を初めて買ってみた。
それを手に、あれこれ思案してみたけど、なかなか使えそうなものが浮かばない。




P1210494001



仕方ないので、今回はシンプルながらも、使える小物にしておく。
「お弁当包み」を4枚作りました。
風呂敷のミニ版ってとこです。サイズは50㎝×50㎝。
1枚布だとフレキシブルで、どんな形のものでも包める長所あり。
中味手抜き弁当の外見が、一見お上品に見えます。


ちりめんに銀ラメの縁取りをしてみました↓

P1210509001_2



P1210473001
銀糸のウーリー糸を1本絡めて、
①幅広のオーバーロック、
②白ウーリーとのウェーブロック、
③変形巻ロック(布を折りながら巻く)、を試してみました→。
好みがあるかと思いますが、③がよさそうに思える。古風なちりめんに銀ラメをプラスすると、今風になりますね。だって、この糸は最近のもので、昔はない。





生地は↓

P1210470001


「京都 多加楽」のちりめん(ポリエステル100%)。
こんなきれいな和布なのに、伝統的なちりめんに、なにこの柄?
蝙蝠と唐辛子の組み合わせってなんなのsign02

好きだよlovely


4年後のオリンピックの時には、和布をもっとPRして、
世界中にその魅力を広めてもらいたい。




ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月25日 (木)

ハギレで小物

洋裁をやっていると、ハギレがたまってきますね。
いつか何かで使えるだろうと思って、もったいなくて捨てられない。
でも、そんな日は滅多にこないことを、今はなんとなくわかってる。

それでも、なんとかしようと、
今回は、前回のピローケースの端切れを有効活用しようと思い立った。
インスピレーションが湧く、そういう生地も時々は現れる。



P1210522001


oneランチョンマット 6枚。
これは、毎日のお弁当に欠かせないので。

twoコースター 1枚。
パソコンやりながら飲み物を飲むので、常にパソコンデスク常備のマイコースターheart



P1210534001_2


threeポケットティッシュケース 3種類

写真の上2つは、ポケットティッシュケース入れに2つのポケットがついてて、小物を入れられるタイプで便利。サニタリーケースとしても使える。
作り方は(ここクリック)→2ポケット付きティッシュケースの作り方  をじっくり見て作りました。
このサイトは、自分が7年前にアップした記事で、いまだにアクセス数№1のページなんですが、それを見ないでは作れません。
それを見ながら、当人も作ってるって、笑えるわ~~happy02 笑笑。
作り方をすっかり忘れてます! そうでなくとも、最近は覚えが悪い。


こんな風にハギレをいつも有効活用できれば、すっきりするんでしょうが、
なかなかそうはいかないのが現状で、ハギレは埃かぶったまま山。
いい眺めじゃのう~。





ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月21日 (日)

ピローケース

ここ数年は、お客様が家にお泊りすることがなかったので、油断してました。
先日、娘のお友達がお泊りしたとき、来客用の新しいシーツと枕カバーがなくて、
昨年末、私が大量に作ったそれらの中で、きれいめなものを使ってもらうことに。


それで、お客さま用のも作っておかねばhairsalonってなって↓
それに、夏場は枕カバーを頻繁に交換したいので、洗い替え用の追加分も↓



P1210542002



ピローケースを6枚作りました。
袋型で、サイズは縦約48㎝、横約83㎝です。
1mの生地で1枚作れ、この型が一番簡単で、枕の出し入れも楽。


生地は↓

P1210435001


かわいいheart柄は女子、
水色×黄ばんだような黄色×白のブロックチェックと紺のウィンドウペンは男子用。
女子に比べ、男子の枕カバーは臭くなり、すぐ汚れてしまう、ような気がする。
それは、夜遅く帰ってきて、シャンプーしないで、そのまま寝てしまうからだろangry
そんなんだから、高価な生地は使わない。
日暮里TOMATOの100円生地のなかから、選りすぐった布で。
これなら、「ニトリのお値段以上」のさらに以上じゃない?


お友達がお帰りの時、
「また遊びに来てね~happy01」って社交辞令の挨拶をすると、
「はい、また明日来ま~すhappy01paper」って。
この次は、このheart枕カバーを用意しておきますよ。



ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年8月18日 (木)

TOMATOエプロン

猛暑続きで、へたりますねぇ。あの憎き食欲さえも落ちてくる。
そんな時は、夏野菜を食べて乗り切ろうsign01
夏野菜といっても、いろいろあるけど、その中でも「トマト」。キマリ!
なぜか今年になってから、トマトが大好きになってきた。

P1210448001_3                        book 「コットンフレンド2016春号」参考



トマトを食べ、そしてトマトを着て、夏を乗り切ろうsign01
手作り派ができる「トマト」好きアピールよ。
家周辺限定のエプロンなら問題ないでしょう。
こんなやつが一人ぐらい居たって。

用尺1m(108㎝巾)で作れるシンプルなエプロンです。
両サイドに大き目のポケットつき、着丈約80㎝。
ポケット上の身ごろにダーツ入れてます。



後ろは↓

P1210461002_3


太目の肩紐が胸当て~肩~クロスさせて~後ろになってて、
着脱がすごく楽です。紐を結ぶ煩わしさなし◎。




生地は↓

P1210416001_2

20Sオックスプリント、野菜シリーズ トマト柄、綿100%(日暮里TOMATO)。
このトマトに過剰反応した結果、今回のエプロンが生まれたわけで、おめでとう。

小さい子供がいるわけでもないのに、なんでこんなリアルトマト柄を選ぶのか?coldsweats01

好きだと思うと素通りできない。
このトマトエプロンには私を元気にしてくれるパワーheart02が潜んでいる。
それを隠し持っているから。




このハギレで作れましたnote


P1210425001_3



なかに、古くなったガーゼハンカチとキルト芯を挟み込み、
トマトの輪郭に沿って、30番の糸でキルティングしました。
真っ赤なトマトに立体感がでて、さらに可愛くおいしそうに見える。
電子レンジでチンした料理をのせる「お皿敷き」です。
もちろん、これにも、私だけに見える魔法がかかっている。





ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

丸衿つき半袖ブラウス

今週末はお盆で、実家に帰省した方も多いかと思います。
私も実家に帰省し、
山のてっぺんにあるご先祖様達のお墓に行って、
妹弟とともに、草かりと草むしりをしてきたんですが、
私は草で手を切り、妹は蜂に刺されてしまって、全域できずに途中放棄。
申し訳ない気持ちm(__)mで、お盆を迎えました。




まだまだ暑い日が来月まで続くと思われるので、まだ半袖作ります。

P1210394001
                          book「大人の日常服」中野ユカリ著参考


丸衿つきの半袖ブラウス。
大人かわいいって言えるのかな?
着丈は64㎝、裾に3㎝幅のゴムを入れて、少ししぼっています。
スカートやワイドパンツに合わせやすい普段着。



生地は↓

P1210410001


透け感のあるワッシャー加工された生地。
深緑と白のギンガムチェック+白の格子ドビー柄。
さらっとした手触りで、暑い夏に涼しく着れそうです。
だから、いま作らないとね! そのつもりだったんでしょうからね。



残された草ぼうぼうのお墓のことが気がかりながらも、
大きなおはぎを頬張りながら、談笑する私達・・・・
これから先、お墓を守ることできるんでしょうかね?





ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

碧のハンカチ

暑中お見舞い申し上げますsun



こんな猛暑日の炎天下、少しでも歩けば、汗が容赦なく噴き出してくる。
駅のホームでは、誰もがハンカチを手に、汗を拭っている。
びしょびしょでしょ? 
1枚では、絶対足りないでしょう?



P1210374001_3



毎年この時季になると必要に迫られ、
ガーゼハンカチを追加作製しています。
約25㎝四方のWガーゼを2枚重ね(4枚)にして、
周囲を巻ロックしただけ。
そんな簡単な手作りですが、
一番実用的な定番アイテムになっています。


生地は↓

P1210354001_2


豊富になってきたWガーゼの中から、今年のnew1枚を選ぶのも楽しみ。
今年は、KOKKAの「Trefle」 碧シリーズ はな  にしました。
生成りのナチュラルな地色に紺碧色のボタニカル。
綿100%の国産Wガーゼで、ふんわりとした柔らかな肌触りと吸水性は、
汗拭き、手拭き等にぴったり。
ちなみに、古くなったハンカチは、台拭き雑巾に格下げして使ってます。


P1210389001

ついでに、残布のシングルガーゼ4枚重ねでも作って、在庫を減らし↑。




P1210392001

あわせて12枚。

今回のガーゼハンカチは、
娘が「ナイスgood」と気に入り、
娘と私と母の親子3代で、
分かち合います。
繋がってますよ。





ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年8月 5日 (金)

藤色のパドカレプルオーバー

暑いですね~sun 
帰宅すると、西日射す2階の洋裁部屋は、40度超えで湯気が上がりそうです。



P1210337003

                         bookミセスのスタイルブック2016初夏号参考



パドカレ(pas de calais)デザインのプルオーバーを作りました。
今回のは、キモノスリーブで、7部袖。着丈65㎝。
前横、後ろ、肩~袖で布を切り替え、360°豊かな表情を演出しています。
襟ぐりは2㎝幅のバイアス処理。
裾は、脇にスリットをいれ、前後差ありのヘムライン。
今年は、こればっかりですね。


P1210346002


切り替えの接ぎは多いですが、袖つけなしのキモノスリーブ。
ゆったりしている、リラックススタイルです。



生地は↓

P1210202001


藤色と白のギンガムチェック(綿)に加工が施されている。
↑写真のように縦にシャーリングされてて、蜘蛛の巣状態になってます。
そこが「なんじゃこれ?」って惹きつけられて、お試ししてみることに。
これは、すでに縮んだ状態なので、この前のようなことにはなりません。

それと、口に出しては言わないけど、藤(くん)色だから、好きheart01なの。


ところで、
この前々回の縮んでしまったドルマンプルオーバーなんですが、
「あれと同じようなものが、原宿の竹下通りにディスプレーされていた」
という情報をぺんぎんさんからいただきました。!!(゚ロ゚屮)屮
若者センスがないので、よくわかりませんが、
ひょっとして、あれはあれでナウかった(流行の先端?)のかもしれません。
なので、この変わったnew生地も、ひょっとして先を行ってる?のかもしれません。
たぶんアパレルの試作品か残反?で、日暮里TOMATOの100円生地です。


パドカレをこんな100円生地で作るなんて、冒涜かな?
いやいや、そうでもないでしょう。おもしろいnote



ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »