« 釦のヘアゴム | トップページ | サックワンピース »

2016年9月20日 (火)

ダメージジーンズ

巷のおしゃれな若者の間で人気のダメージジーンズdenim
私の好きなBUMPのメンバーも愛用しているし、少し興味がある。
それで、古くなったジーパンを、ダメージジーンズにしてみようと思った。
自分でもできるんじゃないかなhairsalon



P1210948003
P1210969002



ノーマルなストレートジーンズで、試してみよう。
まずは、裾を鋏でカットして、カットオフデニム(フレイドヘム)に。
あえて切りっぱなし、後ろ長めにしてみた。海外やインスタグラムで流行っている。
ラフにギザギザにカットしたほうがいいかも。


まず、このカットした裾部分で、ダメージ加工の練習をしてから、本体に取りかかる。
ダメージ加工はいろんなやり方がありますが、
今回はできそうなのだけやってみた。



P1210966001カッターで縦糸だけをカットして、
カッターの背で糸を取り除く。
最初から鋏で輪郭をカットすると、失敗したとき怖いので、中央から始めて徐々に好みの大きさに広げるのが安全だと思う。横糸を切らないように縦糸だけを切るというのは難しく、数本切ってしまった。でも数本ならわからない。



P1210981001_2


解いた部分が広ろがらないように、
裏に接着芯を貼る。
小さいサイズならこれでok


縦長の部分には、
30番の糸でジグザクに
ステッチをかけてみた。



P1210984001
横広の部分は
ほつれないように
周囲に細かい目でステッチをかけた。
P1210983001この部分(ヒザ辺り)は、本体の横を解かないと、ミシンが入らないので、面倒なことになる。



ポケット袋がついている箇所は、
それが透け防止になるので、
穴を開けても大丈夫。



P1210956001_2
ポケットの上部や周囲の端を
鋏でカットして、
ボサボサにする。





はさみで大胆に膝部分をカットするというやり方もあるようですが、
今回は見合わせました。
そんなに肌をみせたくないし、
私は寒い時しかジーパンを穿かないので、涼しくなるのはng
もっと大胆にダメージの面積を広げた方がかっこいいんでしょうが、
今回は、自分にあわせて控えめにしておく。

P1210972002

街中で見かけるダメージジーンズは、もっとダメージ面積が広く、
ボロボロ、ズタズタの度合いが激しい。 夏仕様なのかな?
どこまでエスカレートするんでしょうね。





ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

|

« 釦のヘアゴム | トップページ | サックワンピース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192466/64231502

この記事へのトラックバック一覧です: ダメージジーンズ:

« 釦のヘアゴム | トップページ | サックワンピース »