« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月26日 (日)

オールインワン

同じようなものばかり作っていると、たまには異なる物が作ってみたくなる。
同じようなものは、安定した着易さがあるのは、わかっているんだけど・・・
まだ作ったことないものとか、新しい物とか、まだまだチャレンジを続けたい。
年齢のことは忘れて、いや年齢のことを意識するからこそ。


P1230242002
                         book「大人にいい服」中野ユカリ著参考



先日誕生日を迎え、そんなことを考えながら、
このオールインワンを作りました。

キャミソールにワイドパンツをドッキングさせた形。着丈126㎝。
ウエストにゴムを入れ、好きな位置でブラウジングさせ、ゆる~く着れる。
肩紐はDカンで長さ調節できます。
とろみのある生地なので、落ち感がちょっと大人ぽくもあり。
流行に敏感な娘が「とろみ」素材に注目しているようなので、
娘よりも一足早く取り入れてみました。

オールインワンを自分用に作るのは初めてで、着用するのもお初。
作る前はちょっと抵抗があったけど、作り終わったら着たくなってきた。
このくらいなら、まだいけると思うthink。 着てみます! 外出もしますよ。



生地は↓

P1230249004_2


濃紺のポリエステルで、中厚のとろみのある生地。透けません。
皺にならないところもいいし、洗える。
その上、とろみのある生地は女子力がアップするsign02
こんないい生地を日暮里「ZAKZAK」の100円お宝山から、発掘したhappy01
ここには、無地のとろみ生地が、たくさんありましたよ。
このお値段なら失敗を恐れず冒険できるってもんです。






ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

dangerスパムコメント防止のため、しばらくの間、
コメントの受付欄は閉めさせていただきます。


|

2017年2月19日 (日)

スクエアネック ブラウス

春一番typhoonがふいた日は気温が上昇し春みたいだったのに、
翌日には気温が10度以上下がり、真冬に戻り。
気持ちは春へと向かっていたのに、現実は真冬の寒さが身に染みる。

ソーイング本の春号から、2作目作って、春を待ちます。


P1230226002_2
                            book「コットンフレンド2017春号」参考



スクエアネックのふんわりブラウス。
身ごろと袖のギャザーをヨークとカフスで抑えて、スッキリさせています。
ラグランスリーブなので、袖付けが楽。
ふだん着として気負わずきれる1着ですね。



生地は↓

P1230211001

綿のW(あわせ)ガーゼ。裏と表で異なる色合いのチェック。
表側ブルー系のチェックには、銀糸が織りこまれています。
そこが、いつものWガーゼ地とはことなる大人顔。
素朴なガーゼが銀糸と絡むとは意外な感じがします。

まだ寒い日が続くでしょうが、
この生地なら明日からでも、着ていけそうですね。







ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

dangerスパムコメント防止のため、しばらくの間、
コメントの受付欄は閉めさせていただきます。


|

2017年2月12日 (日)

シャツチュニック

毎号発売日を楽しみにしているbookソーイング本「コットンフレンド」。
発売日に手に入れました。
春らしい紙面に、あれもこれも作りたくなってきてhairsalon
早速、手持ちの生地で作れそうなものを作ってみました。


P1230192002_2                          book「コットンフレンド」2017春号参考


スキッパーシャツタイプのチュニックです。
深めのVネックに、襟つき。
斜めにつけたフラップつきポケット。
裾は前後差をつけたカーブ。
襟、ポケット、カフスは、別布にして変化をつけてみました。
これ1枚で着れる季節よ、はやく来て!


生地は↓

P1230202002


ブルー地に白とピンクの交織ピンチェック。爽やか~。
綿77%、ポリエステル23%。
別布はブルーグレーの綿。



これからの季節は、縫いやすい生地が主流になるので、うれしいです。
つぎは、どれを作ろうかな~?
春号に触発され、作りたいものはいろいろあるのに、
仕事が繁忙期を迎え忙しくなりdown、休みも減らされdown
この体がどこまで持つか・・・・乗り切れるかな?
ストレス解消のためにも作る時間を持ちたいんです。
すべてを忘れて、それだけに没頭できる自由で楽しい時間。





ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

dangerスパムコメント防止のため、しばらくの間、
コメントの受付欄は閉めさせていただきます。


|

2017年2月 5日 (日)

東大門総合市場

Kポップファンの娘(JK2年)と一緒に、2/1~4日、ソウルに行ってきましたairplane
HISの激安フリープランだったんですけど、お値段以上の満足感あり。
地下鉄&タクシーを使って、ソウル観光特区内のをあちこちへ行って、
ぐるぐる歩き疲れながらも、観て、買って、食べてきました。
その辺はインスタでリアルタイムにアップしたので省略し、
このブログでは、私の一番行きたかった場所だけをご紹介します。


それはどこかというと、「東大門総合市場」↓


P1230163001


ガイドブックには載ってないし、地元の人でさえ関係ない人は知らなかったけど、
アジア最大の布関連卸問屋市場です。日暮里以上です。
世界各国からアパレル業界のバイヤーが買い付けに来ます。
日本にもここの生地を使った商品が半年後に店頭に並ぶとのことなんです。
布好きオタクなら行ってみたくなる聖地ですよね?


P1230165002


場所は、
←東大門の近く、
マリオットホテルの隣、
地下鉄出口E8番、
川沿いにそびえる白いビル。




この日は、諸事情により、私ひとりでここまでやってきました。
なので、ここに辿り着けただけでも目的を半分クリアーした気分になってます。


まず、ビルの外側にも商品が陳列されている。↓


P1230166002_2
P1230168002_2


そして、ドアを開け、足を踏み入れると、そこはもう~~溢れかえっていたsign01 
1階は手芸雑貨やカーテン生地等。
見たいけど時間がないので、ここはパスして、目的の売り場3~4階へ行く。


そしたら・・・こんな感じに、お店ごとに区切られていて、
例えれば、ビッグサイトの見本市みたいに、小さいブースがたくさんあり、
狭い通路を隔てて、ぎゅうぎゅうに詰め込まれている。
ホントに、たくさん、たくさん。それが果てしなく続く。その上それが何棟もある。

P1230169002

そして、その各店には生地は置いてなく、小さくカットされた生地見本だけ↓
いったい、どのくらいの生地があるっていうのか・・・想像を絶する状態。

P1230170002


一瞬にしてめまいが。
こんなに多すぎては、選べない、決められない、買えない。
ここは問屋市場だから、このサンプルの生地を見て、買いつけていく。
それは、知っていました。
それでも「小売りしてくれるお店もあるから」という一縷の望みもあってきたんです。
だけど、この場を一目見渡して、それはなさそうに思えました。
プロの世界に足を踏み入れたアマちゃんの私はビビッてしまいました。

もう迷子になりそう。言葉も通じない。ぼっち。
夜間はバイヤーでごったがえすと言うことだけど、午前中に人影はなし。

それでも、諦めきれずにこの迷路を彷徨った。歩き回った→時間経過。


そしたら、砂漠のなかのオアシスみたいに↓

P1230172002

布の巻が立っていたshine crying  やっと見つけた!しかも、私の好みにあいそうな。


そこで、韓流アイドルみたいな定員さん(坂口健太郎似)に、
「小売り」してくれるか?と日本語で聞いてみた。
「KOURI?」と首を傾げられ言葉は通じなかったようですが、
それでも気持ちはちゃんと通じあえたんですよheart01私達ふたりは。



P1230171002


結果、このお店↑で、布を数点買いました。
別れ際に彼からプレゼントまでいただきましたlovely


この広い市場に初めて行って、数知れない布の中から出会えた唯一。
それは、韓国№1のファブリックメーカーNESSHOMEの生地でした。
それに気付いたのは、帰国後のことで、さらにうれしさいっぱい。なんてことsign03
行って良かったです。


なにはともあれ、娘と一緒にこんな旅行にいけるようになるなんて、最高!


dangerスパムコメント防止のため、しばらくの間、
コメントの受付欄は閉めさせていただきます。



ランキング ポチッ↑clover応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)mheart04

|

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »