« 帆布のサコッシュ | トップページ | ファスナーつきロングポーチ »

2018年2月25日 (日)

襟付きインディゴプルオーバー

JKの娘が3月に卒業し、4月から女子大生になります
今までは制服だったのが私服になるので、
今まで以上に娘服を作ることになりそうです。


P1240812003                   
                        「ニット地で作る大人服」クライ・ムキ著 参考



それで、まずは1着作ってみました↑。
以前作ったことのあるロールカラーのプルオーバーのパターンを、
かなりアレンジして、かわいらしいプルオーバーに。
身ごろはドロップショルダーでゆったりめのシルエット。
ロールカラーの襟を前後逆に持ってきて、
その下にケミカルレースの襟もつけて、アシンメトリーなWカラーに。
7部袖は袖幅を広げ、タックをよせてカフスでしめる。
裾は前後差つけて、脇スリット開き。
襟の縫い合わせ部分は、水色のウーリーで巻ロック処理。



生地は↓
P1240814001



インディゴのやや厚め天竺(日暮里MOMO)。
自分用のプルオーバーを作ろうと思ってた布なので、渋めです。
色落ちもかなりしますが、この藍色も、変わっていく藍色の色味も好き。
娘には、この良さはわかってもらえないかもなので、
かわいい白レースをプラスしたわけです。
白襟は清潔感があり、新入生むきでしょ?
そのうち、水色に変色していくかもしれませんが。


人の好みは変わるもんですね。
少し前までは、原宿系で、黒ばっかりだったのに、
今ではピンク、水色、白大好きに豹変した娘。
なので、ままはんとしてもそれに追随し、作風も変わりそうです。
そんなかわいい服は今しか着れないから、いいと思う。
これからは、かわいい布で、かわいい服も作ります 
楽しみ~


ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

スパムコメント防止のため、コメントの受付欄は閉めさせていただきます

|

« 帆布のサコッシュ | トップページ | ファスナーつきロングポーチ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 襟付きインディゴプルオーバー:

« 帆布のサコッシュ | トップページ | ファスナーつきロングポーチ »