« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月26日 (日)

和子さん風ブラウス

NHK朝ドラ「半分、青い。」を楽しみに観ています。
気が向いて時間があるときには、
登場人物のエプロンを興味本位で作ったりしていて、
今回は晴さんのエプロンを作ろうかな~と観察しておりました。

ところが先日の、岐阜犬を介して、律が和子さんと会話していた回で、
やられました
そして衝動縫いに走りました↓。



P1300374002



和子さんがいつも着ていた和子さん風フリルカラーのブラウスを作りました。
「今いちばん作って着たいトップス」のスタンドカラーシャツのアレンジです。
衿にフリルをはさみ、袖口にもフリルをはさんだカフスをプラスし、
ポケットは省略。
本体は、今風のドロップショルダーのゆったり身ごろになっています。
後ろ~肩はヨーク切り替えで、後ろはタック2本どり。裾はサイドラウンド。
昭和+平成ミックスみたいな感じ。



生地は↓


P1300370001



×のタッタソール(半分青い)の綿ポリ(日暮里 齋藤商店)。
釦はの●足つきヴィンテージ(日暮里 エルミューゼ)。
フリルはのウーリーで縁取り、和子さんへの哀悼の意を表しています。


和子さんのクローゼットに紛れ込ませたかった。


このブラウス着て、和子さんみたいに、
ほんわか優しいおかあさんになりたいなぁ~とは思うんですが・・・・
息子のシャツを作ろうと思って買ってきた生地で、
これを衝動縫いしてしまう母には、ちょっと無理かな?なれそうもない
「このバカちんがぁ」ですよね。



ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

七分袖ワッフルプルオーバー

今朝のひんやりとした空気!
暑くない朝は久しぶりですよね。
束の間の秋の気配でしょうが、確実に季節は進んでいく。

手作りも秋を待ち侘びながら、秋服へとシフト~。


P1280355002
                  「MayMyの作って毎日着たい服」伊藤みちよ著 参考



七分袖のワッフルプルオーバーを作りました。
ユニクロでも同じようなのが販売されていると思いますが、
これは「MayMyの作って毎日着たい服」掲載のクルーネックTシャツを
アレンジした手作り品です。
袖丈を半袖から20㎝プラスして、七分袖のラグランスリーブにしました。
衿、袖、裾はリブニット使いで絞っています。



生地は↓

P1280325002


コットンワッフルの黒(日暮里TOMATO)。
ワッフルみたいな格子にふんわり編みこまれています。
柔らかくて、厚みがあるのでこれからの季節によさそう。



こんなシンプルな黒のプルオーバーは、一見地味で、
作る面白みには欠けるかもしれませんが、
私には実用的な必需品なんです。



Photo



自作の柄物スカート↑とコーデして、柄を落ち着かせる
便利な一品になってくれる。
お助けの黒Tです





ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水)

ラグランスリーブ前釦ブラウス

お盆休みも終わりですね。
田舎の別荘(空家になった実家)に姉妹弟の3きょうだいが集まり、
お盆を過ごしてきました。
そのせいか、歳を重ねたせいか、
「半分青い」で花野ちゃんが歌ってた「ふるさと」が沁みてくる。



P1290287002_3                         「大人にいい服」中野ユカリ著 参考



その時に着て行った手作り服↑、
ボリュームのあるラグランスリーブのブラウスです。
肩と袖口にゴムをいれふんわりさせています。
アレンジで、前ボタン開きにして、ベルトもプラスしてみました。
そうすると、ボタンを開け閉めしたり、ベルトをつけたりつけなかったりと、
ブラウスとしてだけでなく、羽織りとしても使え、活用できるかなと。



生地は↓


P1290264003

藤色、薄茶色、白のブロックチェック(日暮里TOMATO)。
シャリ感のある薄手の生地。組成不明ですが、ラミーのような質感です。
釦は貝ぼたん、バックル(日暮里L,musee)も色をあわせました。
よくあることですが、生地代よりも付属品代の方がずっとお高いですよね。





さて、話はもどりますが、
山のてっぺんにある一族の墓地に、墓参りに行ってきました。
仏花は、買ったことはありません。
昨年までは庭に咲いてる花々を束ねて、お供えしてきてました。
ところが、今年は庭にきれいなお花が咲いていなかった。
育ててくれてた人が居なくなってしまったから。
仕方なく、わずかな花を見繕って、墓前に供えてきたことが、申し訳なくって


お花は咲いてなかったですが、
2年前に植えたブルーベリーが実ってて、初めて収穫できました。
お墓参りから帰ってきて、弟が作ってくれたかき氷がとっても美味しかったです。


Dsc_1602001_2


ブラウスの色にかぶるところもあるので、着たときはきっと思い出すよね。





ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

ピンタックのサークルトップ

どれも作ってみたくなってきてるので、どれにするか迷いますが・・・・
甘い服」から、2枚目作ってみました。




P1280310002_3



ピンタックのサークルトップ


前回は四角■だったので、今回は円にしてみました。
全体のかたちが円です。
前側胸元に10本のピンタックを入れ、
当て布の下はそこから生まれたフレアが甘いシルエットになる。
後ろは襟ぐりはVです。

衿ぐりの見返しは三つ折りではなく、2つ折り、
当て布と見返しには、接着芯を貼りました。
この2点は、自分のやり方にアレンジ。

袖口と裾は7㎜幅の三つ折りなんですが、
円形で弧を描いてるので、やや難易度高いと思います。
私は、いせこみながらやるのは上手にできないし、面倒なので、
縮み差動をかけたロック(6.5㎜幅)をかけてから、
三つ折りし、ステッチをかけてます。
この部分がきれいにできるかできないかで、仕上がりは異なってきますよね。


P1280299001_3



生地は↓
P1280295001



中厚の組成不明?の生地(日暮里TOMATO)。ストレッチいりのコットン?
色は、写真ではそのままの色がうまく表現できてないんですが、
わかりやすく言えば「井村屋のあずきバー」の色です。あずきミルクみたいな。
あま~い服なので、あまい色ではない、ややくすんだ色にしてます。
自分でも着れるように


この円形自体がインパクトあるので、
これ1枚で、甘くもあり、円のくせにとがってるようにも思える。
そこがいいのかな



ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

スパムコメント防止のため、コメントの受付欄は閉めさせていただきます

| | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

アンダーバストギャザートップ

ソーイング本の新刊を、いつも楽しみにしています
ついつい買いすぎて、作るのが間に合わないくらい。
そんな中でも、濱田明日香さんの甘い服」は、
すぐに作ってみたいと思わせる服が満載で、ワクワク感がある



まずは、手持ちの生地から、1枚さくっと作ってみました↓


P1290276001



アンダーバストギャザートップです。
この本のなかで一番簡単に作れますね。
パターンはトレースしなくとも、直裁ちでできるほどです。



四角い布にギャザーを寄せてシルエットに変化させる技あり1枚。
袖にギャザーよせるタイプもあり。





P1290282002




ドットミニヨンみたいな黒ドットの綿(日暮里 岩瀬商店)。
カットクロス1mで作れました。
裾は、そのままでも使えそうなステッチ入りの耳だったので、そのまま使用。
着丈は、前後中央が上に上がって、短めになるので5㎝伸ばし、
前後バスト下のギャザーは、紐ではなく、
黒ゴムを直接たたきつけ、ギャザーをよせるやり方にアレンジしました。
スッキリした仕上がりになります。

カットクロスそのまま1枚で、ジャスト!! そうは見えないとこもいい!
やや透け感があるので、見せタンクトップかキャミソールに重ねれば、
涼しそう~。



次は、どれを作ろうかな
半袖が多いので早めに作らないとですね。


P1290284001






ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

スパムコメント防止のため、コメントの受付欄は閉めさせていただきます

| | トラックバック (0)

2018年8月 1日 (水)

ポルカドットのワンピース

負けてしまいました。
GUのプライスダウンしたポルカドットのワンピースにです。
それはそうでしょうよってとこですね。当たり前か




P1280251003
                           「リラブロンマの大人服」参考



ポルカドットのフリル袖ワンピースを作りました。
娘からオーダーされていたワンピース用の生地で、
どちらかと言うと自分用にです。
だって、娘は私の手づくりの完成を待ち切れずに、
GUで同じような生地のワンピを、プチプラ購入してまいましたからね
しかたないでしょう。それでも作るしかないでしょう?

ワンピのスカート丈を10㎝くらい長くしています。
ウエストマークのベルトも作りました。
透ける生地なので、身ごろは通気性の良さそうな薄手ニットで裏うちし、
スカート部分は、ボリュームを抑えて、裏地をつけました。



生地は↓

P1280259001


ポリエステル楊柳の黒地に白のポルカドット。(日暮里齋藤商店)。
透け感があって、さらさらしたやわらかい生地です。
ソフトな印象の生地ですが、取り扱いはハードですよね・・・
ギャザーの分量を欲張って布幅いっぱいでやってみたら、
ボリュームが出過ぎて、完成してから、やり直ししました
もともとボリュームのある部位はボリュームつけたらダメってことよね。


サンプルのリネンのナチュラルなワンピとは、かなり異なる雰囲気になりました。
ローウエストぎみにベルトなしでもいいし、
レトロなバックルのベルトをつけると、クラシックな感じになりますね。



それにしても、同じような感じのワンピースを、
あの品質で1,280円で販売できるって、ホントすごいと思いますよね
材料費How much?人件費How much?
私の場合は縫製スキルも負けているし・・・・。
とても太刀打ちできません!


でも、誰とも勝負はしてないから~作るよね





ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

スパムコメント防止のため、コメントの受付欄は閉めさせていただきます

| | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »