« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月29日 (土)

三日月フリルトップ

秋の長雨続きますね。
いつになったら、澄み切った秋空になるんでしょうね?


秋になったら作ろうと思っていたブラウスを作りました。

P1280461003_2
                                 「甘い服」参考


化繊のやわらかい生地で長袖だから、
秋にと思ったわけですが・・・。

三日月フルりトップ。
つける前のフリルの形が三日月型なので、そう命名されています。
ウエスト辺りまで、フリル袖が縫い付けられている。
本では、ややはりのあるリネンだったので、袖にボリュームがでていましたが、
これは柔らかい生地なので、ドレープのでる袖になりました。
趣きが異なりますね。


生地は、濃紺のイタリア製ビスコース100%(日暮里 伊藤ファッションサービス)。
全品半額セールの時に手に入れた高級渡来生地です!
テロっとした落ち感のあるフェミニンな生地で、エレガント
このフリル袖が腕に沿いながらドレープが綺麗にでます。

ビスコースは、今回初めてでしたが、かなり扱いにくかったです。
生地が逃げまくる。柔らかそうなのに、皺になりやすい。
たたんでおくだけで、折り皺がつくので、ハンガーにつるすしかありません。
もう、ビスコースはこれが最初で最後でしょうね。


秋になったらと思っていたのは、
これを着て、楽しみにしているコンサートに行こうと思っていたから
ライブは総立ちで盛り上がるけど、コンサートは座ってじっくり聴くってイメージ?
過ぎ去った過去に、その時間は戻る。それが来週。

でも、これ1枚では寒いよね~。絶対寒いだろ。
かといって、この上から羽織るとなると、お袖はどうなる?問題
このブラウスは、いつ着ればいい?夏だったのかもしれない・・・








ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。










| | トラックバック (0)

2018年9月23日 (日)

スタンドカラーロングブラウス

温度差の激しい季節の変わり目は、着る服に迷いますね。
そんな時に、ちょうどいい羽織りものを作りました。

P1300351001_2



May Meの作って毎日着たい服」の、スタンドカラーロングブラウス。
前ぼたん開き、ロング丈、前後襟元たっぷりギャザーがはいっています。
袖はタブとめで袖まくり、裾は深いスリット入り。




002

釦をとめて着るというより、
羽織ってきるのがメインのシャツディガンと言えますね。
ロング丈ってのは、いろいろカバーできて、いいなぁ~




生地は↓

180819155422003


節のある織りの綿/テンセル混紡のダンガリー(日暮里 齊藤商店)。
ブルーグレー。
テンセルがはいっているので、やや光沢があり、
シャキッとしてハリもあります。
釦はややカーブのかかった貝ぼたん(日暮里 熊谷商事)。


8月末に作って、出番待ちでしたが、
この連休中は、これを着て出歩いています。







ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

ギャザーエプロン

今月は連休が続きますね
過ごしやすい、動いても汗が出ない陽気に恵まれ、
別荘(空家の実家)に行って、片づけの重労働を済ませてきました_ノフ○ グッタリ。
住んでないと、蜘蛛の巣はります


さて、話はハンドメイドになりますが、
前回の晴さんのエプロンは、ちょっと地味すぎる。と私は思う。
そこで、今回は晴さんのエプロンに対抗して、
自分好みのエプロンを作ってみました。

P1280443001_2



平成時代の今の私のエプロンはこれですね。↑
前回と同じ「COTTON FRIEND 2018春号」掲載の
ギャザーエプロンです。
スカート部分にギャザーをたっぷり寄せ、ワンピースドレスのイメージ。
上下で、別布にしてみました。


P1280438_2


ややハイウエスト気味の切り替えラインで、
後ろのリボン結びがより引き立ちます。
後ろ姿もかわいい~。
サイドにシームポケットつきです。


生地は↓


P1280434


上部の胸当て部分は、白に紺のストライプ地にブルー系のブーケ柄綿ローン。
個人的にこの柄好きエプロンにしようとおもい購入してました。
スカート部分は、ボタンダウンシャツのよく使われているオックスフォード地、
斜子織と日本ではよばれているそうです。(2枚とも日暮里TOMATO)。


好きな生地と好きなデザインの私風エプロンで、
嫌いな家事を乗り切りま~す
別荘の掃除には、
捨ててもいいような衣服、エプロン、軍手、マスクを持っていきますよ。





ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

2018年9月12日 (水)

晴さん風タブリエ

先日、衝動縫いで和子さん風ブラウスを作りましたが、
予定していたのは晴さんのエプロンだったんです。
(注)NHK朝の連ドラ「半分、青い。」の登場人物の話です。

それに、私の「連ドラシリーズ」を
「なにげに楽しみにしている」とのうれしいコメントもいただき
調子にのって「半分、青い。」2作目のエプロンも作りました!

P1280430001



晴さんが頻繁に着ていたエプロン風に、
「COTTON FRIEND2018春号」掲載のタブリエを、アレンジしてみました。
本にタブリエと標記されていたので、タブリエってことにしときますが、
タブリエとはフランス語でエプロンのことです。
シンプルなエプロンに黒のトーションレースをアクセントにしてて、
裾にはフリルがついていました。
肩紐は後ろでクロスさせて、ウエストはマークしてません。
が、これはホルダーネックでウエスト紐を前で結んでいます。
ポケットは斜めについてますが、こちらの方が傾斜がきついです。
晴さんならこれに地味色のポロシャツをあわせますよね。



生地は↓


P1280416001


晴さんのエプロンににた色を探したんですが、あの色はなかった。
しかたなく、薄いレンガ色みたいな色のツイルにしました。
やや似てる色。
なんか地味系のタブリエになりましたけど。
昭和世代の年相応ともいえる。
いつもは派手だから、たまにはいいですかね



晴さんが癌になり、どうなることかと心配してましたが、
今日の手術が成功したので、ほっとしました。
と、思ってたら、翌日に生存率50%と宣告されて・・・・・
それでも「生きてるだけで幸せって気がする」って言ってた。

歳を増すごとに気になるのは、健康であることですよね。
今日は、1年に1回の人間ドッグに行ってきました。
コレステロール値以外は特に問題もなかったので、
昨日からぐんと涼しくなってふくそよ風が、
秋の気配を運んでくるのが、とっても気持ちよく感じられます




ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

ジャガードのバッグ

某ブランドに意図的に似せたジャガードで、バッグを作りました。



180904150437858_deco



生地は、某Gブランドみたいな生地で、デザインは某ブランドDを意識しています。
GとDのミックスコーデです!
サイズは幅44㎝、縦32㎝、マチ14㎝で、私が使い慣れてるサイズです。
パスモとスマホをいれる外ポケット2個、裏地つきで、内ポケット1個。
持ち手にはガラ芯をいれています。


生地は↓


180902162811091_deco


Gではなくe柄のジャガードの紺。よく見ないとわからないくらい柄が似てます。
本物ではないとは思ってはいましたが、
それでも昨日まではeではなくGだと思っていました。
Dブランドのブックトトートのシンプルなラインが気になっていたので、
金ラメふちどり&フリンジつきのテープを飾りに中央にたたいてみました。
柄芯の持ち手もブックトート風にしてみましたが、
案外これもいけるなと思いました。




これより前に、娘から急にオーダーされて、
その翌日までにクイックで、必死に作り上げたバッグがあります。


180903174636226


同じくGではなくe柄ジャガードの茶色で作った3ウェイバッグです。
ベルトやショルダー紐をつけることで、
ウエストバッグ、ショルーダーバッグ、ボディバッグとして使える。
前面に2、後ろに1、内側にファスナつきポケット1つき。
開け口ファスナー開き、裏地つき。Gっぽい配色テープをつけてみた。
治安の悪い海外で、貴重品を肌身離さず持ち歩くためのバッグとしてです。


先月から、短期語学留学という名目で、娘にセブ島に連れて行かれて、
毎日遊び歩くときに、使われているようです。
到着した初日から「日本に帰りたい」としばらくは言っていたんですが、
いつしか馴染んで、もう帰る日になります。





ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

2018年9月 1日 (土)

カシュクールコート

9月になりました。秋のはじまりでしょうか

夏の終わりに作ろうと思っていた、
季節の変わり目に羽織るタイプのコートを作りました。




P1280408002P1280405002

                     「月居良子のアレンジウェア」参考



裏無し、1枚仕立てのカシュクールコートです。
前は開けて、さらっと軽く羽織りたいですね。
なので、邪魔にならないように右前の結び紐は付けず、
必要な時だけブローチピンで、留めることにしました。
着丈104㎝。サイドにパッチポケットつき。



生地は↓

P1280379001



齊藤商店さん(奥日暮里)のスーツフェスで掘り出した紳士用スーツ地です。
ブルーグレーのヘリンボーンに茶色の格子柄で、
麻63%、毛23%、レーヨン13%、絹1%のシャリ感のある高級服地。
この生地を購入した時が夏の始めだったので、麻メイン生地にしたわけですが、
この絹1%ってのは、なぜに?ブレンド具合が面白いですよね。
W幅1.9mのカットクロスなので、
作れるのはこのデザインがギリギリのところです。




P1280396001_2

生地の色味が地味なので、
アクセントになるような
ブローチピンを作ってみました。
大き目の飾りブローチピンに
ヴィンテージの釦を合わせて。
(日暮里L.musee)








ハンドメイドも秋に移行して、いよいよコートの準備でしょうか?


P1280409001



予約していた新刊「コートを縫おう。」が昨日届きました↑。
何回も眺めて妄想しつつ、
みなさんからの完成報告投稿を楽しみにしています

コートは、布の重さが気になってます。





ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »