« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月27日 (土)

チェックのセットアップ

先日の「日暮里繊維街秋のセール」で出会った生地で、
ワンピースを作るつもりだったんですが、
あれこれ妄sewしているうちこんな風になりました。


P1280515001


まずは、ミセスのスタイルブック」2017盛夏号の前後差シャツ。
衿をスタンドカラーにアレンジしました。
釦なしかぶりのスキッパーシャツで、裾は前後差をつけています。
裾を出して着ても、後ろからのラインがいい感じになりますね。

写真とってから気が付いたんですが、袖の柄合わせ左右異なってる~
そこはですね・・スルーしてください
今気が付いたんで、、、ボタンホールあけたカフスつきなんで、、、
なおすつもりなーし。




P1280519002



そしてつづいて同じ生地で、
May Meスタイル「大人のまいにち服」から「大人ラップスカート」。
スカート丈は約80㎝の長め丈です。
チェック柄にあわせてタックを全面たたんで、上部のみ縫いとめています。
ラップの合わせの2本のリボン結びは止めて、
シンプルに大きな飾りぼたんにアレンジ。




この上下2枚を合わせれば↓


P1280525001


ワンピースみたいにも見える、セットアップになる。
単品でもセットアップでも着まわせて、お得感ありますよね。





生地は↓


P1280526001


紺とベージュのチェック、レーヨン100%(日暮里長戸商店)。
レーヨンなので、とろっとして、カジュアルでもおとな感あります。
セール期間だったので、2割引き!
こういう時でないと5mは買いません。いつもは2~3mどまり。


もうここまできたら、柄合わせのミスのことは忘れてま~す






ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

後ろプリーツのショートカーデ

数日前から、ぐんと秋が深まってきました。
11月下旬の気温になって、着る服ないです。
まだ衣替えしてないので


それで、出番はまだ先だと思っていた、これ↓を羽織って出かけました。

P1280508001
                     「ちょっとよそ行き」中野ゆかり著 参考



ウールの布帛で作ったショートカーディガンです。
ふわふわの毛足があったかそう。
釦はなしで、羽織るタイプです。
衿~前端はぐるっと布耳利用にアレンジしました。


P1280512001_2


後ろは、ワンボックスプリーツ。
後ろ中央は本来は輪裁ちなんですが、
布耳利用にするためにパターンの向きを変えたので、
中央で接いでます。



生地は↓

P1280492001_2


イタリア製ウール(日暮里TOMATOセレクト館)。
ウール60%、アルパカ10%、モヘア10%、ポリエステル15%、ナイロン5%。
生成りにグレーの糸が混じった織りで、毛足の長いモヘアが絡まってます。
コートにしても良さげな生地。
これも、丈を長めにした方がよかったかなとも思いましたが、
このくらいの分量で、我慢しておきます。白クマになりそうだから~



晩秋によさげなカーデなのに、
昨日の寒さには、これがちょうど良かったです。
明日は、衣替えしないとね!








ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

おうちサロペット

ソーイング関連の新刊が発売されると、ついポチツってしまいます。
中味をみなくても、欲しくなる。
そんなんで、何冊もソーイング本が増えていく最近。
まだ1枚もつくってない本もありますが、これはすぐ作ってみたくなりました。
新刊「May Me スタイル 大人のまいにち服」からです。


P1280487002_2



おうちでゆったり着るのに適してると思われる
「おうちサロペッ」トと名付けられたベスト+パンツのつなぎです。
でもね、これを私はおうち専用としては着ません。
お外で着たいと思い作りました。
ウエストの締め付けもなくゆったりしてて、楽ちん。
前は深いVネック、後ろはラウンドのサロペットに、
前はボックスプリーツ、後ろはタックのワイドパンツをつなげている、
かわいいデザインです。


P1280478001



なので、カットソーとは合わせずに、あえてブラウスやシャツとコーデしようかなと。
(あわせたブラウスは数年前に作った自作品)
若くない人は、サロペットにTシャツをあわせない方がいいんですって



生地は↓

P1280474001



外で着ることを前提にしているので、ハンサムな生地を選びました。
チャコールグレーに白点々ボーダーの
イタリア製綿100%(日暮里 伊藤ファッションサービス)。
ボーダーをストライプにして使っています。
ちっちゃいポケットだけはボーダー使い。

先日の日暮里秋のセールで、半額で購入ですよん





P1280488001
P1280489001



着るのに飽きたり、くたびれてきたら、名実ともに「おうちサロペット」にします。






ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

ワンボックスプリーツスカート

「エレガントでもセクシーでもないのが、日本のファッションの特徴」。
今日の新聞でみかけた記事に、「なるほど~」と思いました。
私にしても、そういう服は無縁の日常生活ですし、
着ていて落ち着くのはふつうの服です。


そんな平凡な日常生活にはまる服を今日も作りました。

P1280469001_3
                   「定番も流行も手作りしたいスカート」参考



定番のワンボックスプリーツスカートです。
最近ははかなくなって、懐かしいデザインでもあるんですが、
丈をロング丈にして、はいてみたくなりました。
スカート丈は76㎝に伸ばしました。
Aラインで、きりっとしたプリーツが、ワークウェアぽくみえる。
両サイドにポケットつき。後ろのみゴム入れてます。



生地は↓


P1280464002


迷彩デニム(日暮里TOMATOセレクト館)。
こういう木の葉柄みたいなのも迷彩色だと、迷彩って言うんですね?
表からだとデニムに見えないですが、デニムなんですよ!
ワークウェアにぴったりの生地でしょう。
これからの秋冬にピッタリでしょう




今週は、日暮里繊維街の「秋のセール」でした。
やはり冬ものは重い 重くて5枚で限界がきてしまった。
先週、ぎっくり腰になってしまって、無理はできなかった。
なので、もう一度、行かねば!




PS、前回のブラウスは、適当な羽織り物がなかったので、
   雨降りの寒空に着ていくのは諦めました。
   昨日のTULIPのコンサート(国際フォーラム)では、
   最後の曲~アンコールでは、年甲斐もなく
   立ち上がって、のりのりでこぶし振り上げてましたよね。
   みんな、おじさん、おばさん達
   ぎっくり腰は、大丈夫でした。






ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。








| | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »