« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月25日 (日)

細見えパンツ

先週の水曜日、何気にNHK[朝イチ]を見ていたら、
体型の気になるとこ(出っ張ったお腹、垂れたお尻)をカバーし、
細見えするパンツは何か
?」
というテーマで、思わず食いつきました。


その結果、それを参考にして作ったのが、このパンツです↓

P1280622002



細見えするパンツとは
①ワイドパンツ。(ヒップラインを拾わない)
②ウエストはタックではなく、ダーツですっきりさせる。
③足首の細いところだけは見せるようにする。(他も細いように錯覚させる)
④ストライプ(縦長ラインで細見え)
と、いうことでした。

その条件をすべて満たした細見えパンツが、
これ↑ってことになるわけですよ




P1280619002_2


「Liiia Blommaの大人服」のロング丈ワイドパンツのパターンを使っています。
ウエストは後ろのみゴム仕様。
両サイドにシームポケット。
後ろポケットは、アレンジで上部をバイアス裁ちで切り替えした長方形に。
共布で四角いバックル(日暮里ZAKZAK)をつけたベルトをプラスしました。



生地は↓


P1280611002


黒地に白のストライの2way ドビーストレッチ(日暮里TOMATOセレクト館)。
綿57%、レーヨン38%、ポリウレタン5%。秋冬用の生地です。
私の好きなハンサムな生地。


どうかな?
細見えするって、ほんとかな~
この冬、このパンツを穿きまわして検証してみることにしますね。


連続して3本パンツを新調したので、もう今年はパンツは縫いません。
が、まだ作りたいのある~~。


ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

7分丈ラップパンツ

前回に引き続き「大人のパンツ」より、2作目作りました。


Wrapnpants001


7分丈のスカートに見えますが、スカートではありません。
前右側に大きなタックをよせた、ラップパンツです。


P1280591002


両脇にシームポケットつき。
後ろのみゴム仕様。
前ベルトの4か所穴をあけて、共布で作ったベルトを通しています。
そのベルト通し穴からの通し方を変えることにより、
ベルトの前(リングやりぼん結び)の位置を
左右サイドまたは前面に変えることが可能。
いろんなアレンジができます。
この4つ穴方式は新しいやり方ですよね。
幅広のベルト通しを兼ねてるって感じでしょうか。



生地は↓

P1280584002

茶系の渋いチェック。
イタリア製のウール34%、綿33%、ポリエステル33%。
(日暮里 伊藤ファッションサービス)。
ハンサムにきめたいパンツになりました。






日が暮れるのが随分はやくなってきました。
家に帰る時間には、もう辺りは暗くなってる。
寒さも、ここにきて冬だなぁって思わせる本番に。
昨日は、谷川岳~水上の方には雪雲がかかっていて、
白くかすんでいました。



181118102629535_deco




「中之条ガーデンズ」に行って、
新しくできた薔薇ガーデンエリアで癒されてきました。



Img_20181118_115019_779


こちらの「中之条ガーデンズ」は、広さ12万㎡。
四季を通して、たくさんの花々が美しく咲き乱れています。
群馬県の中之条町は、街ぐるみで花活をしていて、
その本気度はハンパないです! 
ここから、花街道を通って、ハーブ園へも繋がっている。
春からが全体の見頃になると思われます。






ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

2018年11月11日 (日)

裾タックパンツ

ソーイング関連の新刊が発売されると、
頼んでもいないのにAmazonからお知らせメールが届きますよね。
そのご親切に乗せられて、ついついポチるわけですよ


それでピンポ~ンと届いた新刊から、まずは1枚作りました。



_p1280594002
_p1280599002_2



新刊「大人のパンツ」から、裾タックパンツを作りました。
腰回りはゆったりで、
前裾はボックタック2本、後ろ裾はダーツ2本とゴムで
キュッと絞っています。
脇ポケットと後ろポケット(アレンジで)ついてます。
ウエストは前側はインベルトたたいて、後ろのみゴム仕様。
タック、ダーツ、ポケット口などには、
地色と異なる色糸(EDWINでの残糸)でステッチを効かせてます。
丈は、7~8分丈。



参考にしたのは↓

_p1280605002

大人のパンツ」日本ヴォーグ社

すべてウエストゴム仕様ですが、
スタイルはかっこよく、どれも作りたくなるパンツばかりです(個人的感想)。
そのなかから、特に裾のタック使いが目新しく気に入ったので


_p1280602002

↑この裾タックパンツをまず最初に作ってみました。
まだ他のパンツも作る予定でいます




生地は↓

P1280534002

イタリア製ウールストレッチ(日暮里MOMO)。チャコールグレー。
ウール76%、レーヨン20%、ポリウレタン4%。



この丈だと、ソックスやブーツとの相性がよさそうですね。
モデルさんの着こなし真似っこしますよ






ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

セーターリメイク

例年に比べ暖かい日が長く続いたので、衣替えをしたのがつい最近です。
衣替えのタイミングで、着ない服を思い切って資源ゴミにだすようにしてます。
その中に仕分けした1枚のセーター・・・・
やっぱり捨てがたいので、またひっぱりだしてリメイクすることにしました。

P1280547001

ユニクロのウールのセーター。
このタイプは好きなんですが、セーターは最近着ないんです。
着る時がないんです。
着ないのなら、持ってる意味がないのではと思い、はさみをいれました。


思いつきで、作れるとこまで作ってみましょう~


まず最初に思いついたのがスヌードです。


P1280552001


前後身ごろをとれるだけ大きく長方形にカットし(捨てミシンかけてから)、
2枚をつなげて、1回ねじってから輪にしました。
ちょうどいい具合のサイズで作れました。
NHKの「ステキにハンドメイド」に似たような生成りのスヌード載ってましたよね。
それを見て、ピーンとひらめきましたよ。


次に目に入ったのが、袖口です。


P1280554002


袖口=手首なので、そこを利用してミトンです。
手の大きさにあわせて袖をカットし、上はギュッと糸で絞ってとじる。
親指は、編み柄で目のあいたゆるい箇所を無理やり広げ、
目を拾って、かぎ針で編み足しました。
飾りのぼたんはセーターのネックについていたもの。


P1280550001

毛糸は、
セーターから解いて、スチームをあてて伸ばしてから使う。



それから、
折り返しのタートルネックについているボタンホール、
こんなの作るのたいへんでしょうから、ここも使いたいと思い、
これにしました↓


P1280566002

眼鏡ケースです。
釦の位置をつけなおして、入れ口にしました。
ネックのゴム編みのところを2つ折にして、
サイドは赤のチェック柄バイアスでパイピング。




残りの残骸でもう1点↓


P1280561002

ヘアゴム2点。
100均セリアの3㎝くるみぼたんキットを使ってクルミ釦を作り、
それに黒ゴムを「通しています。
こんな厚いニットのは無理かと思いましたが、なんとか接着できましたね。
2点は、編み柄の異なるニットから、
左下1個は、ついでで、大き目の釦を使っています。



思いつきで、かなりおおざっぱに作ってますが、
使えなくもないですよね?
セーターから、使えるほっこり小物にリメイクして、
これからの寒い時季に使います。

今日は立冬ですね。








ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

2018年11月 3日 (土)

ネグリジェ&パンツセット

「なにこれ~」って、思わず見入ってしまう生地に出会うと、
自分の好き嫌いを超えて、試してみたくなる。
そんなインパクトある布に出会ってしまったんですよ。

でも、使うの難しい。
いろいろ妄sewしてみたけど、これしか思いつかなかったです↓。



P1280538002



この生地で作ると、やっぱりユニークなものになりますね。
ネグリジェです。
パターンは、ミセスのスタイルブック2015初夏号の
KEIKO KISHI by nosh のデザインカットーで、
デザインのポイントになっている生地の切り替えをしないで、
着丈をロング丈に伸ばしました。


もう、これだけでお試しは十分だったんですが、
生地が余ってしまったので、パンツも作りました。↓


P1280544001


ワイドパンツのパターンで、裾口にゴムをいれて絞ってます。
この柄だものしょうがない。
上のネグリジェとセットで着れば、足元しか見えなくなるから。




生地は↓


P1280530002


白地に濃紺の手描き風横縞、その両サイドに大きな赤い花のボーダー。
化繊のフライスで、すべすべの手触りで、まったく皺になりません。
アパレルの残反かな?これで何をつくったのだろう?
日暮里TOMATOで216円/mでした。
巻の残りが2m以下だったので、とまとのローカルルールにより、
それもひきとることになってしまったんですが、
そのおかげで上下セットが作れましたね。

門外不出の1点です








ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »