« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

ピローケース

年末の小物の作り替えもこれで終わりです。
今年最後のハンドメイド作り納めになりました。
1年が過ぎるのが、年々はやくなっていきますね。

P1280687002



生活のなかでかなり密着時間が長いと言える枕カバー。
簡単な筒型で、家族分4枚作りました。
こんなふつうの日常品が一番使えます。

新しい枕カバーで、気持ちよく初夢を見れたらと思います。



余った生地で、
P1280694002


ランチ用のランチョンマットが作れました↑。使い切り!


まだ作れるかなと思っていたものも、なかなか時間がなく、
なおかつ体力もなく・・・思ったように作業が進みません。
それでも、今年は終わってしまいますね。



新年へのカウントダウンがスタートしています。
28日~1日にかけて、
最大規模のロックフェス「COUNTDOWN JAPAN 1819」が
幕張メッセで開催されています。
この縫い納め&仕事納めも済んだところで、
娘と一緒に中2日(29~30日)参戦してきました

181229213307906


181229213904965_deco



今年1年のストレスをすべて吐き出す如く、
最高のビートに乗って大声を張り上げ、
無理しない程度に体を動かして、楽しんできました!


181230233242097_deco_2



心地いい疲労感に包まれながら、新年を迎えようとしています。


今年1年、「ままはん」にお付き合いくださいまして、
ありがとうございました


皆様も良いお年をお迎えくださいませ~。






ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

2018年12月23日 (日)

チェックの鍋つかみ

布小物の作り直しのつづきです。
今回は、鍋つかみ。


P1280679002




これは、出番が多いので、汚れもつきやすい。
だいたい1年くらいで作り直ししていると思います。
いつも小物はハギレ利用が多くなりますが、
今回は、チェックのハギレを集めて、組み合わせてみました。

七面鳥のグリルをオーブンで、というよりも、
我が家の場合はレンチンのお皿を掴むのに使うと言えます。

今年のクリスマスのディナーは、
娘が全部作ってくれるというので、とっても楽しみにしています
私は、このこのミトンでお手伝いしましょう。




Happy Holidays 

1544856759067001

↑ラルクリのツリーです!







ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

2018年12月19日 (水)

フィンレイソンのクッションカバー

毎年この年末近くになると、家の中を点検し、
古くなったり、汚くなった布小物を作り替えています。
まずは、前回のカーテンでひとつめクリアー

次にいきます。


P1280703002_5





自分の部屋のクッションカバーを作り替えました。
もう何年もかえていなかったなぁ
大小サイズの異なる3個交換。ファスナーつき。




生地は、何に使うか悩み続けて2年の気になるこの布↓


P1280698002



大柄プリントのオックス,
フィンランドの「FINLAYSON TL トゥール」です。

もう、これにするしか思いつかない。
在庫布消化で、スッキリ

たかがカバーを変えただけですが、
布のもつ雰囲気で、部屋のイメージも変わりますね。


まだあるので、小物続く~。






ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

2018年12月16日 (日)

レースのカーテン

私の部屋の窓のカーテンが、強い西日による劣化で、破れてしまいました。
それは、昨日のことではなく、半年くらい前のことなんですが。
ずっと気になって、買うのではなく、作ろうと思いつつ・・・・
あっ!もう今年も終わりになりそう師走です。


P1280664001



このままでは、年を越せないと思い、やっと作りました。
私がいつもミシンをかけている机の前のレースのカーテンです。
カーテンみたいな大物は、作るという強い決意がないと
なかなか手がつけられませんね。
でも、もっとはやく作れば良かった。
私の部屋の窓は、道路側から丸見えなので、ボロを晒し続けていたんです



生地は↓

P1280648001



トルコ製のレースカーテン地(日暮里TOMATOインテリア館)。
機能性の高いカーテン地は日本製が多いですが、
レース刺繍のカーテン地はトルコ製が多いんだそうです。
ウエイトをつけようと思って購入したんですが、
袋からうっかり出してしまいました。
袋にいれたまま、袋を縫い付けるので、出してはダメでしたね
古いカーテンからの再利用ということもできます。


あぁ、気になっていたことが片付いたので、ホットした。
こんなことでも、気持ちが楽になった。
これで、レースカーテンを堂々と閉めることができる
クリスマスも新年も迎えられる
その前に、ボヘミアンラプソディを観に行ってこよう






ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

赤いキルトスカート

「みなさんは、どうしているのかなぁ?」と、いつも思っている事あります。
朝起きて、仕事に行くまでの間はどんな服装をしているんだろう?
って、いうことです。
私は、パジャマ~普段着~通勤着と2回着替えていますが、
最近はそれを1回にしたいなと思っているんです。
パジャマ~通勤着ってこと。
それで、パジャマは、いかにもパジャマってデザインのものではなく、
着なくなったカットソーや手作り失敗品などを代用することにしました。
パンツは、手作りのスウェットやレギンスね。ならいけるでしょう。
けど、ゴミだしに外出する時は、ちょっと隠したい。
それで、そこをカバーできるロングスカートや巻スカートを穿いてます。



P1280673001


起きてから出勤するまでの間のつなぎ用スカート作りました。
真っ赤な膝丈(約60㎝)のオーバースカート。
Aラインのシンプルな形で、前面ななめビスロンオープンファスナー開き、
右側にパッチポケットをファスナーと平行につけています。
ニットの裏地をつけ、ウエストは同じニットでパイピングしています。
中綿入りなので、冬にはうれしい温かさです。
大雪の日には、これ着てお外に散歩に行きたいくらいです。




生地は↓


P1280627001



この歳でも赤はきます! 
基本オウチ着だから全然平気。気持ちが上がる

中綿いりのキルティングクロス(日暮里TOMATO)。
よく見てください。「なにこれっ」クロスですよ。
○~○のキルティングの糸が繋がったままで、カットされていません。
そういういわくつき生地なので、ちょっとお安く手にはいりました。
自分で1個1個チョキチョキしましたよね。
それでも、ふんわりしてて、思ってたよりも可愛く出来上がりました


急に寒さが増してきたので、タイミング良し。
赤い腰巻して年末を元気にのりきりま~す







ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

2018年12月 2日 (日)

アクリルニットのパーカ

カジュアルなパーカに大人感をプラスして、作ってみました。
デニムだけでなく、大人のボトムやスカートにもあわせられるように。



P1280639001
                        「May Meの作って毎日着たい服」参考



以前作った黒のワッフルプルオーバーのサイズ感が、
オーバーサイズでも、ピタッとサイズでもなく、いい感じだったので、
その身ごろにフードをつけたアレンジ版です。
袖は、半袖を8分丈くらいに伸ばし、共布でカフスをつけました。
このフードは被ることは99%ない。
けれど、首回りをカバーし、ネックウォーマーの役割をはたしてくれる
それもさりげなくね。



生地は↓

P1280631003

東レ ラビローラン  スムース(日暮里TOMATOセレクト館)。紫。
柔らかくて手触りの良いニットです。
アクリル84%、ウール6%、ナイロン10%。
これなら、家で洗えるでしょう?

パーカというとスウェットが定番で、
こういうスムースのパーカは、みかけたことありません。
なので、あえてお試ししてみました。
この素材、それに紫色にすると、ぐ~んと大人感がアップして、
いつもの大人ボトムににコーデするだけで、
こなれ感がでるような気がするんですよね。

この着心地はかなり好きです。
私くらいの大人でも着れるパーカになったかな?





注)大人→おばさんに置き換えるとしっくりくるね


ランキング ポチッ↑応援のクリック、いつもありがとうございますm(_ _)m

インスタグラムは mamahan.k  でポストしています。

| | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »