2010年8月12日 (木)

ジップラインアドベンチャー

Img_3473
      8月8日~10日、家族で湯沢高原(新潟)のリゾートマンションに宿泊し、
      そこをベースに夏休みをアクティブに楽しんできました。

Img_3469_2
今年のメインは、湯沢高原のアルプの里に
7月にオープンしたばかりの「ジップラインアドベンチャー」。

ZIPLINE ADVENTUREとは、(以下広告からの抜粋)
「今、世界中でブレイクが始まっているエキサイティング・アクティビティ-です。
 クライミングの技術と用具を使用して、森の中をワイヤーロープとプーリー「滑車」を伝わって滑り降りる、まるでターザンや鳥になったような気分が味わえる、エコロジカルでありながら爽快絶叫なアクティビティーです。」

この宣伝文句と広告写真に惹かれ、子ども達が体験してきました。
Img_3467 予約が必要で、この日は満席。身長120㎝以上でないと参加できません。7人位が1グループとなり、ガイ付きで、1時間30分~2時間くらいのツアーになります。
まずは、器具の説明と装着。

Img_3484


ブナの原生林や草原の中に、35m~最長130mくらいのコースが7本点在しています。

さぁ、スタート!


Img_3477

手を離したり、
後ろ向きになったり、
鳥のようになったり、
いろんな技もできるらしいですが、
子どもたちは、バーをしっかりつかんでます。
後で聞いたら、怖くはなかったと言ってましたが。

Img_3483_2

この森は、ミニトレッキングコースにもなっていて、親の私達は、子ども達の移動箇所目指して、森を渡る風に吹かれ、野鳥のさえずりを聞きながら、こんな自然のなかを散策した次第です。



このアルプの里は、幻の花ヒマラヤの青いケシも咲くぐらいで、
吹く風も爽やかで、夏の暑さをしばし忘れさせてくれました。

楽しかった~


今回は、もう1箇所、遊べる場所を発見しました。
Img_3450
魚野川上流のマスどまり。
清流で川遊びが楽しめます。
滝つぼへの飛び込みや魚のつかみ取りもできる。
駐車場や簡易トイレ完備でもちろん無料!
湯沢フィッシングセンターの少し手前です。


たっぷり自然と親しめた今年の夏でした。

  
  

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年8月14日 (火)

夏休みキャニオニング体験

P1010016 夏休みに家族で新潟~群馬に行ってきました。
涼しいはずの避暑地も、日中は34度くらいの暑さ。
でも、木陰に入れば涼しく、夜もひんやり。風がちがいます。

その中の8月9日(木)、アクティブなアウトドア体験をしてきました。
と言っても、定員オーバーで、私を除く3人しかできなかったんですが(T_T)。
P1010005
以前からやってみたかったキャニオニング。こどもが小学生なので、ファミリー向けの「夏休みお手軽体験アウトドア」に参加しました。
このコースは、谷川岳上流でのキャニオニング(自然のスライダー、渓流遊び)、川での岩魚つかみ、ワイルドスタイルのバーベキューと1日で盛りだくさんの体験ができます。

まず、ライフジャケット、ウエットスーツ、ヘルメット、手袋の全身装備で、奥深い森林を山登り。これが、けっこう険しい道らしいです。上りきったその上流部から、渓流を滑べったり、流されたり、歩いたりしながら降りてきます。水は清流でとっても冷たい。ウエットスーツなしには、できないそうです。P1010006
降りてきてからは、魚の生態観測と川遊び。
お昼ごはんは、焼きそば作りなんですが、石ころを集めてかまどを作るところから始めます。それから野菜を切ってと・・・。ところが、出来上がるまで、子ども達は、ご覧のとおり川遊びに夢中で、主人は孤軍奮闘したらしいです。それでも、たかが焼きそばごときが作れないで、子ども達から大ブーイング。仕舞いには、それを見かねた別のご家族からいただいたそうです。ご馳走様でした。

P1010002
今回のこのお手軽コース、子ども達は、自然のなかで充分楽しめたようです。なかでも、キャニオニング体験でのスライダーが一番おもしろかったそうです。
主人は、「体験して良かった。でも、バーベキューのことがあるので、おかあさんが参加したほうが良かったかも。」だって! そんな事、後から言われても~(`´)。
来年は、早めに予約して、私も体験してみようと思ってます。


Photo ここみなかみの利根川の上流部では、ラフティングのほうがメインで、そちらのほうが人気です。若者が多いですね。
でも、水の少ない夏場は、漕がなくてはいけなくなるので、相当きついらしいです。それで、「お尻が痛て~」と、前日にラフティング体験したご家族の方が言ってました。
雪解け水の豊富な春のほうが、スリルがあっていいみたいですね。
こちらも、1回はやってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)